美醜の大地

【美醜の大地】 53巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「綿貫が白川に捕まる」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 53巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地53巻表紙

まんが王国では53巻には第56話が収録されています。

52巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

53巻のネタバレ

竜楼閣(りゅうおうかく)に日雇いで荷運び人足として忍び込もうとした綿貫 晋平(わたぬき しんぺい)ですが、背後には白川 清二郎(しらかわ せいじろう)が忍び寄ってきていました。
白川はデパートでの事件で左目を失いましたが、その時に絢子から左目に口づけ(12巻参照)をされた時に、絶対に絢子さんはこの手で守る、と決意しました。
その決意に燃え、侵入者である綿貫の首をロープで絞めようとしました。
しかし波に足を取られた綿貫が体勢を崩し、すんでのところで避けられます。

その後の白川と綿貫の格闘を是非本編を読んでみてください。


船着き場では五十嵐 外幾雄(いがらし ときお)が綿貫の帰りを待っていました。
しかし親方が言うには、荷運びのあと姿を消してしまった、とのこと。あちこち探したが、それらしい形跡は無かったから引き揚げてきた、と。

五十嵐としては自分のアイデアで行かせたからには、何かあったら責任を感じざるを得ないですよね。

札幌では若い男女の水死体が見つかりました。女の方は顔の皮が剥がされてしまっているようです。
そこに柏葉(かしわば)が現れました。その顔は手術の縫い跡があちこちに残り、右耳も無くなっています。
水死体を検分する柏葉。右手の指先は刃物で切られたように無くなっており、顔の皮も刃物で切り取られています。

瀬尾 サチ(せのお さち)の殺しと同一犯の仕業であることを確信する柏葉。

柏葉が無事に現場復帰ですね。良かった良かった。39巻で森哉(しんや)と殺し合いをして、42巻で拷問されましたからね。45巻で無事に?病院に入院している描写があったので生きているのは分かってましたが、こんなに早く仕事に戻れたのはすごいですね。

この水死体の2人は小倉 百子(おぐら ももこ)とその元夫の池内 辰雄(いけうち たつお)ですね。その詳細は39巻40巻に描かれています。
そして犯人は、内海 敏恵(うつみ としえ)ですね。
犯人が敏恵であることや、敏恵がなぜ顔の皮を剥ぐのか、はまだ柏葉は知らない状況です。


綿貫が目を覚ましました。両腕は後ろで結ばれてしまっており、両足も縛られています
そして部屋を見回すと、拷問器具がたくさん置いてあります。
そこに白川が現れました。
白川が言います。最近こういう遊びはしていなかったんだ、と。僕は絢子さんに遊んでもらうことが大好きだけど、絢子さん以外の人間は壊して遊ぶのが大好きなんだ、と。
君は簡単に壊れないよね?と愉しそうな顔で聞いてきます。

白川が綿貫を捕まえたのは、情報収集だけじゃなくて、こっちの趣味を久々にやりたいから、っていうことでもあるんですかね(笑)
ていうか引っ越したばっかなのに、なんでももう拷問部屋があるんでしょうか。

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして

美醜の大地

で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

54巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5