美醜の大地

【美醜の大地】 39巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「敏恵復活」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 39巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地39巻表紙

まんが王国では39巻には第42話が収録されています。

38巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

39巻のネタバレ

前巻の38巻でサチが殺された小屋で柏葉(かしわば)が森哉(しんや)に銃口を突きつけましたが、今巻はその前の話になります。


柏葉(かしわば)が白川、絢子の家で事情聴取をしています。サチが死んだことを知っているか?と問う柏葉ですが、絢子は知らなかった、と答えます。
白川は驚きながら死んだとは本当か?と聞き返します。

そんな2人に柏葉は違和感を感じ取ります。何かを隠している、と。
揺さぶってみるか、とサチの過去のことや他の女学校時代の同級生も何人か死んでいることなどを話します。本当に何も心当たりが無いか?と聞き直します。

絢子が何かを話そうとした時、白川が妻を疑っているんですか?と食いかかります。もうお帰りください、と柏葉を帰します。
帰り際振り返ると、絢子はうっすらと笑みをたたえていました。

絢子はなぜか警察に協力的じゃないですからね。11巻で白川がケガをすることになったデパートでの件も、菜穂子のことを警察に話さなかったですしね。
最後の絢子の笑みは何でしょう?

署に戻ると、捜査の担当を外されてしまうことを伝えられました。行き過ぎた聴取で苦情が入ったとのことでした。
そして他の連続毒殺事件の捜査を担当するよう指示されました。
道東に行く前にもう一度調べてみることに。

白川家も高嶋津家も色々とモミ潰せるぐらいの力を持ってますからね。警察に圧力をかけるぐらい出来るんでしょうね。
例の連続毒殺事件は百子のやつですね。

【道東(どうとう)】

北海道をおおまかに4つに分けたときの1つ。
他に道央(どうおう)、道北(どうほく)、道南(どうなん)がある。


そして前巻38巻の場面につながります。

銃口を突きつけられても、なんでサチのことを知っている?と、ひるまない森哉。
柏葉は自分が警官であること、サチのことで色々な事件の調査をしている、と答えます。

森哉は柏葉を動揺させるため、相原のことを匂わせます。
その後の2人の命のやり取りについては本編を確認してください。


小倉 百子(おぐら ももこ)と池内 辰雄(いけうち たつお)が町中でデートをしています。町中では警察が多く、警戒状態になっています。
別海を出てから、飲み屋界隈で百子は殺人を続けてきたからです。
しかし百子としては、あとは池内を殺すだけだと考えています。杏一郎(きょういちろう)がこの町にいることが分かったからです。

とうとう池内を殺すことを決めました。人気がいない川沿いに池内を誘い込みます。
池内は敏恵と出会ったのもこの札幌だった、と語り始めます。そして敏恵の悪口を言い、反対に百子のことを持ち上げます。
百子は殺すことばかりを考えていましたが、池内の言葉に心惹かれそうになります。

しかしその時、突然池内が倒れます。倒れた池内の頭はぱっくり割れてしまっています。
その犯人は斧を持った内海 敏恵(うつみ としえ)でした。
敏恵ちゃんなの?と百子が恐る恐る後ろを振り返ると血まみれの斧を持ち、顔が醜くなってしまった敏恵が立っていたのです。

35巻でハナによって殺されたハズですが、死んでなかったんですね。冬の川に落として、顔面に岩を投げ込んで、川底に沈んでいったところまで描写がありましたが…。これで死なないってスゴイですね。

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

40巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5