美醜の大地

【美醜の大地】登場人物一覧

美醜の大地 登場人物一覧です。
多少ネタバレも入っていますのでご注意ください。

美醜の大地1巻表紙

登場人物一覧

 

市村 ハナ(いちむら はな) 主人公。
樺太で生まれ、顔が醜いことからイジメにあっていた。
イジメが遠因となり、母と弟を亡くし、イジメ加害者に復讐を誓う。
小石川 菜穂子(こいしかわ なおこ) 市村 ハナと同一人物。
整形し別人に生まれ変わったハナの偽名。
市村 留吉(いちむら とめきち) 市村 ハナの弟。日本へ向かう船が撃沈され死亡。
高嶋津 絢子(たかしまづ あやこ) イジメ加害者のリーダー格。
当時の樺太で最も大きな製紙会社を経営する一族の令嬢。
内海 敏恵(うつみ としえ) イジメ加害者の一人。
樺太から脱出後、北海道川上町で旅館の跡取りと結婚し、若女将として働いていた。
池内 辰雄(いけうち たつお) 内海 敏恵の夫。大塚旅館の跡取り。
小倉 百子(おぐら ももこ) イジメ加害者の一人。
樺太から脱出後、北海道別海町(べっかいちょう)で両親祖父母と嫌々ながら農業に従事していた。
長谷川 熊造(はせがわ くまぞう) 小倉 百子の結婚予定相手だったが、小倉は姿を消す。
杏一郎(きょういちろう) 小倉 百子を騙し、見世に売り飛ばした。
菊乃が変装したもの。
奥田 スミ子(おくだ すみこ) イジメ加害者の一人。
美しい容姿が自慢。北海道函館市のカフェで働いていた。
綿貫 晋平(わたぬき しんぺい) 奥田 スミ子が働くカフェに来た客。
同じくカフェで働いていた小石川 菜穂子に一目惚れをした「白樺出版」の「月間道民」担当の記者。
中川(なかがわ) 奥田 スミ子が働くカフェに来た客。醜い顔をしており、スミ子から気味悪がられる。
瀬尾 サチ(せのお さち) イジメ加害者の一人。
成績優秀だったが、絢子やハナが来てからは負けるようになった。
白川 清二郎(しらかわ せいじろう) 高嶋津 絢子の婚約者。
母は房子
進司(しんじ) 瀬尾 サチの息子。
菊乃(きくの) 市村 ハナの顔の手術を行った医者の助手。
元男性。
五十嵐 外幾雄(いがらし ときお) 綿貫の高校の時の先輩。
鶴田に情報を提供している。
常岡 久次(つねおか ひさじ) ハナが通っていた樺太の女学校の教師。
盗難事件の際、ハナを殴りつけ退学を宣告した。
現在は夕張の学校の教師。
田中(たなか) 夕張の学校で働く教師。富岡 久次と同僚。
内田 胤篤(うちだ たねあつ) ハナの顔を整形した医者。
鶴田 眞蔵(つるた しんぞう) 顔に傷のある男。
ハナの協力者。
桐谷 ヤエ子(きりたに やえこ) 樺太での女学校での同級生。
直接イジメをしたわけではなさそうだが、止めるわけでもなく同調していた。
深見 栄一(ふかみ えいいち) ハナの協力者。
父は材木業を営んでいたが、高嶋津の製紙会社に買収されてしまい、父は自殺。
その恨みを晴らすべくハナに協力することになった。
加也(かや) 白川 清二郎(しらかわ せいじろう)を坊っちゃんと呼ぶ協力者
森哉(しんや) 白川 清二郎(しらかわ せいじろう)を坊っちゃんと呼ぶ協力者
布施(ふせ) 綿貫の同僚
ガリ勉さんのようなメガネを掛けている。
相原(あいはら) 警察勤務。綿貫の友人。
スミ子への手紙や菜穂子の手鏡の指紋調査を行った。
柏葉(かしわば) 札幌東警察署の警察官で、相原の上司。
丸谷 妙子(まるたに たえこ) 高嶋津 絢子の屋敷で働いている女中。
鶴田 眞蔵(つるた しんぞう)に屋敷の間取りや従業員について情報を渡す。
高嶋津 保親(たかしまず やすちか) 高嶋津 絢子(たかしまづ あやこ)の父親。
絢子の母に一目惚れし結婚したが、祖父に先に手篭めにされた。
高嶋津 真愛美(たかしまず まなみ) 高嶋津 絢子(たかしまづ あやこ)の妹。
保親と継母の間に生まれた子供。
木崎 菜穂子(きさき なおこ) 内田 胤篤(うちだ たねあつ)のお世話係。
自分の弱さを呪いながら自殺した。
青木 高嶋津家の執事。
口ひげをたくわえたオールバックの中年の男性。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして

美醜の大地

で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

1巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

 

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5