美醜の大地

【美醜の大地】 7巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「敏恵の狂気」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 7巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地7巻表紙

まんが王国では7巻には第10話が収録されています。

6巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

7巻のネタバレ

高島津に家庭を台無しにされた深見 栄一(ふかみ えいいち)がハナを探し当て、コンタクトを取ってきました。
ハナを知る人間は同級生以外にいないはずなのに…。

深見は語り始めます。高嶋津 絢子のこと。絢子のことを追う中で、樺太時代の女学校のこと、殉難事件のこと、そしてハナのことを知った、と。
さらにはスミ子の死亡事件を知り、ヤエ子にも面会しハナの情報を聞いたのです。

高島津に復讐するため、手伝いたいと提案します

しかし、ハナは拒否します。むしろ邪魔しないで、と。


帰宅後、ハナは鶴田に深見について身辺調査してくれるように依頼します。

ハナの慎重な性格が出ていますね。簡単には人を信用しない。まぁ復讐なんて物騒なことをしているので当然と言えば当然ですが。
これ以上他の人を巻き込んで復讐の連鎖を広げたくない、というような優しさでもあるかも知れませんね。

記者の綿貫(わたぬき)は北海道別海町を訪れ、小倉 百子(おぐら ももこ)の実家に事情聴取に来ました。
百子はすでに壊れており、綿貫を見て杏一郎と思い込み、抱いてくれとすがりついてきました。

不憫に思う母と祖母。綿貫は祖母に樺太の女学校時代の資料を見せてくれるように依頼します。

百子はハナの復讐ターゲット2人目で、ハナの協力者の菊乃(きくの)扮する杏一郎(きょういちろう)に騙された女でしたね。
杏一郎と駆け落ちするつもりだったのが、見世に遊女として売り飛ばされたのです。
詳細は1巻を読んでみてください。

今は実家にいる、ということは借金は返し終わったんですね。自分で働いて返し終わったのか、親が立て替えたのか分かりませんが。
ここまで壊れてしまうと、元婚約者?の長谷川 熊造(はせがわ くまぞう)ももうもらう気にはならないんでしょうね。


場面は変わり、奥田 スミ子(おくだ すみこ)が働いていたカフェ。
ハナへの復讐に燃える内海 敏恵(うつみ としえ)が訪れます。ハナの偽名である小石川 菜穂子の行方についてマスターに聞きます。
しかし、マスターは答えません。怒った敏恵はマスターに掴みかかりましたが、その拍子に顔を隠していたマントが取れてしまいました。
その顔を見たマスターは、化け物、と口に出してしまいます。それは敏恵をさらに激高させます。
そしてついに敏恵は…。続きは本編を読んでみてくださいm(_ _)m

【偽名(ぎめい)】

本名ではない、全く別の名前のこと。主に不正行為のために使用される。

幕末の志士、坂本龍馬は幕府から狙われないように、才谷 梅太郎(さいたに うめたろう)という偽名を使用していた。
才谷とは、坂本家の本家の名字。
梅太郎とは、勝海舟の三男の名前をとったもの。

ちなみに、「龍馬」というのも本名ではなく、本名は「直柔(なおなり)」という。

本名:直柔(なおなり)
字(あざな):龍馬

となる。
本名は「諱(いみな)」とも「忌み名(いみな)」とも呼ばれ、親や主君のみが呼ぶことが出来る名前である。
親、主君以外が呼ぶ名前として「字(あざな)」が別に付けられた。

江戸時代でのフルネームは若干省略すると、以下のようになる。
名字 + 字(あざな) + 諱(いみな)

坂本 + 龍馬 + 直柔 (さかもと りょうま なおなり)となる。

新聞でその事件を知ったハナ。敏恵の仕業だと直感します。敏恵が私に復讐に来たんだ、と。

事態を重く見たハナは深見と連絡を取ることにしました。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

8巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5