美醜の大地

【美醜の大地】56巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「ハナを探す柏葉」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 56巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地56巻表紙

まんが王国では56巻には第59話が収録されています。

55巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

56巻のネタバレ

菊乃(きくの)が部屋を出ていった後、外で様子を伺っていた加也(かや)がドアに耳を当て中の様子を探ります。
どうやって内田 胤篤(うちだ たねあつ)をおびき出そうか、考えます。

しかしその時、鶴田 眞蔵(つるた しんぞう)が内田に声をかけます。
はっ、とする加也。中には内田しかいないと思いこんでいましたが、もう一人いることに気づきました

もう少しで森哉(しんや)に身体を与えてあげられるのに…。

加也はジリジリしてきます。

鶴田は森哉から受けたダメージが大きすぎて全く戦力にはならないですけどね。歩くのもやっとなぐらい。
そんなことは知らない加也としては、男2人を相手にするのは危険と感じるのは当然ですね。

しかし加也としては早く身体を手に入れないと、森哉の頭が腐ってしまうので急ぎたい、と。
なかなか難しいですね。敏恵がやったように、時間稼ぎのためにとりあえずそこらへんの身体を手に入れてしまいそうな気もしますね。


フロントにタオルと寝巻の換えを貰いに来た菊乃。
フロントのラジオから「市村ハナを探しています。札幌東警察署の柏葉(かしわば)までご連絡ください」と尋ね人情報が流れました。
驚く菊乃。
「なぜ警察が、死んだはずの女を?」

【尋ね人の時間】

昭和20年代に、NHKラジオで放送されていた番組。
戦争などで行方不明になってしまった人を探すのに使われた。


柏葉は高嶋津 絢子(たかしまづ あやこ)の件からは外されてしまいましたが、まだ諦めていません。
先日水死体で上がった女性が小倉 百子(おぐら ももこ)だとはまだ分かっていないようですが(53巻)、
内海 敏恵(うつみ としえ)、瀬尾 サチ(せのお さち)、奥田 スミ子(おくだ すみこ)、高嶋津 絢子と同級生の中でこんなに事件が起こるのは異常だ、と考えています。
警察署内の会議でも「市村 ハナが怪しい」と議題にかけます。

確かに1つのクラス内だけで、2人が死んで、1人が失踪、1人が事件に巻き込まれ夫が右目を損傷、とくると異常だと考えますよね。

このラジオ放送を絢子も聞いていました。

窓ガラスを見ると、そこにはうつむいた母親が見えました。
驚く絢子。
母のことを思い出し、考える絢子が何かに気づきました。

そこに夫である白川 清二郎(しらかわ せいじろう)が入ってきました。
絢子は突然白川に抱きつき、「子供が欲しい」と伝えます。

絢子の脳裏にあるのは真愛美(まなみ)でしょうね。
決して白川との子供が欲しい、というわけではないと思います。
出来た子を殺すつもりでしょうか?

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして

美醜の大地

で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

57巻はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-,

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5