美醜の大地

【美醜の大地】 48巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「鶴田の過去」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 48巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地48巻表紙

まんが王国では48巻には第51話が収録されています。

47巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

48巻のネタバレ

小樽駅についたハナと深見 栄一(ふかみ えいいち)ですが、鶴田からは「狸を探せ」と言われていたようです。
その狸とは、狸の被り物をした五十嵐 外幾雄(いがらし ときお)でした

五十嵐の下の名前が初登場です。珍しい名前ですね。
この五十嵐も最初は鶴田のただの情報屋だったのに、色々と深く関わるようになってきましたね。まだ復讐の連鎖までは入り込んでいませんが、これからこの人も連鎖に囚われるようになってしまうのでしょうか?

鶴田の過去の回想シーンに移ります。
父親は博打でのケンカで命を落とし、母親は幼い自分を置いて男と姿を消してしまいました。
幼く天涯孤独の身となり、盗みとケンカに明け暮れる少年時代でした。
長じてからも、世の中を憎み、常に怒りを覚えていました。全てを壊し、自分が壊れてもいいと思っていました。

戦争で爆撃された際に、死んだ親のそばで泣き続ける小さい子供を見つけました。近づくと、死んでいると思った親が足を掴んできて「こどもをたすけて」と言って息を引き取りました。
人から頼られたことのない鶴田ですが、驚きながらも子供を抱きかかえ、救護所に連れて行こうとします。
しかし、子供の息が乱れ始めます。水を飲まそうとしましたが、もはや飲む力もなく子供は息絶えてしまいました。
鶴田は死んだ子供を抱え、親のもとに戻り、親の横に並べて寝かせてあげました

鶴田は気づきます。自分が憎んでいたのは、世の中ではなく、何も出来ない無力で弱い自分自身にだったことに。

それから鶴田は貧しい子供におにぎりを与えるようになり、つくし苑という孤児施設も作りました。

鶴田の過去でしたね。青年時代までは荒れていたようですが、戦争時の出来事で目が覚めたんですね。そして子どもたちを守るための活動を始めたようです。
ただのヤクザじゃなかったんですね。

綿貫 晋平(わたぬき しんぺい)により内田 胤篤(うちだ たねあつ)の診療所に運び込まれた鶴田ですが、目を覚ましました。
しかし左腕の感覚がない、と言います。
内田が言うには、神経が切断されていた、と。手術でつなぎ直しはしたが、生涯麻痺が残るだろう、とのことです。

鶴田は自分がしばらく動けないことを悟り、ある鍵を綿貫に託します。ハナを頼む、と。


廃屋では加也(かや)が死んだ弟、森哉(しんや)を抱きしめています。
いつかこういう時がくると思ってはいたけど、まだ覚悟は出来てなかった…、とつぶやきます。

森哉を自分に依存するように仕向けた理由について語ります。この歪んでしまった姉弟愛は是非本編を読んでみてくださいm(_ _)m

号泣し、森哉を失いたくないと錯乱してしまいます。
そして加也は森哉が言っていたことを思い出します。頭の外し方、です。
森哉が言っていたとおりに、森哉の頭を外し、抱きしめます。ずっと一緒にいるよ、と。

森哉が死んでしまったことで、加也も狂ってしまいましたね。死んだ弟の頭を落とす、なんて普通は出来ないですよね。

【共依存(きょういぞん)】

お互いに相手に依存しあっている状態のこと。
親子間、夫婦間、職場の上司部下間など様々な人間関係間で発生する可能性がある。

 

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして

美醜の大地

で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

49巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5