美醜の大地

【美醜の大地】 6巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「復讐の連鎖」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 6巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地6巻表紙

まんが王国では6巻には第9話が収録されています。

5巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

6巻のネタバレ

ある男の子が登場しました。名前を栄一(えいいち)といいます。
父は大きな材木業の会社を経営しており、綺麗な母と3人で裕福で幸せな家庭を築いていました。

しかし、会社は突然行き詰まり、大きな製紙会社に全て買収されてしまいました
また綺麗な母もその製紙会社の男の元へ行ってしまい、残ったのは父と子の2人きり。

父は全てを奪っていった製紙会社のことを恨み、しかし心を病み酒に溺れるようになってしまいました。
そしてある日幼い栄一を残して首をつってしまいます
栄一は母に続き父をも失ってしまいました。そして残されたのは、製紙会社への憎悪のみ。

その製紙会社とは高嶋津が経営する会社でした。

高嶋津の陰謀なのでは?と感じますね。高嶋津は製紙会社も欲しかった、綺麗な女も欲しかった、のではないでしょうか?

場面は切り替わり、栄一が大きく成長し青年になっていました。
その青年栄一が訪れたのは室蘭拘置所。5巻でハナが復讐した相手、桐谷 ヤエ子(きりたに やえこ)に弁護士として面会に来たのです。
栄一はヤエ子から情報を引き出そうとします。ハナのことについて、そして高島津のことについて。


ハナの顔を整形した医者、内田 胤篤(うちだ たねあつ)が内海 敏恵(うつみ としえ)の顔を診察しています。
そしてなぜ整形を受けたいのか、を尋ねます。顔を直して、何をしたいのか?と。

内田は今までも全ての患者に必ずこう聞いています。その理由を聞いて、気に入った患者のみを治療するのです。

敏恵は答えます。復讐するためだと。
内田の助手、菊乃が不安そうに見つめます。復讐の連鎖が起こっていることに恐怖を感じます。

【仇討ち(あだうち)、敵討ち(かたきうち)】

尊属(そんぞく)(父母、祖父母等)を殺された場合に、加害者に対して復讐を行うこと。
江戸時代に法で認められた。

仇討ちを行った者に対して、更に復讐として仇討ちを行うことは禁止されていた。

復讐の連鎖をこれで止めようとしていたのでしょうか。切りがないですからね。

また、仇討ちされる側は正当防衛として仇討ちを行う者を殺しても殺人にはならない。

内田は敏恵に現状の顔の状態を伝えます。そしてまだ手術を行える状態にすらなっていない、と。

焦る敏恵は激高して内田に掴みかかろうとしますが、菊乃に逆に押さえつけられます。
諦めた敏恵は2人に背を向け帰っていきました。


ヤエ子の遺骨を持つヤエ子の母を遠くから見守るハナ。
顔には醜い仮面を付けています。
この仮面を付けて歩くのは危険だと分かっていながらも、自分でも理由が分からず付けてきてしまいました。

そこにある男性が名前を呼び、あなたをずっと探していた、と声を掛けてきました。
その男性は深見 栄一(ふかみ えいいち)。高島津に恨みを持つあの男でした。

敵なのか?味方なのか?
深見 栄一は高嶋津に恨みがあるはずなので、味方のような気がします。
高島津に父が経営する会社を奪われ、母も奪われ、父はそのために自殺。となれば高島津に対しては恨みしかないと思います。
ただその復讐を、自分の手だけでやりたい、となればハナの敵にもなり得るのかな?と。もしくは自分がリーダーでハナを利用してやろう、という思惑もあるかも知れませんね。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

7巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5