美醜の大地

【美醜の大地】 49巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「小樽での新たなアジト」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 49巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地49巻表紙

まんが王国では49巻には第52話が収録されています。

48巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

49巻のネタバレ

小樽での新居でうたた寝をして夢を見る絢子。
死んだ母親、そして絢子が殺した妹の高嶋津 真愛美(たかしまず まなみ)が出てきました。
真愛美は泣いています。怪しい笑みを浮かべてカミソリを探す絢子。しかしカミソリは母親と一緒に水中に沈んでいってしまいます。
絢子もカミソリを追いかけて一緒に沈みますが、手が届きません。「あれ」がもう一度見られるのに…と手をのばすと、その先にはハナの姿がありました。

夢ネタのため、なんとなくフワフワした描写になっていますが、真愛美をもう一度殺そうとしましたよね、コレ?絢子が気に入った人間の吹き出す血を見たい、という感じなんですかね?
最後にハナが出てきた、というのはハナの吹き出す血を見たい、という暗示でしょうか?

目を覚ますと、白川 清二郎(しらかわ せいじろう)が上着をかけてくれました。

絢子は長らく籠の中に閉じ込められており、まだ夢の続きを見ているかのように錯覚します。


五十嵐 外幾雄(いがらし ときお)に案内され、新たなアジトに到着しました。
しかし鶴田が来ないと、鍵がないので入れません。

五十嵐が菜穂子に問います。「ちゃんと復讐を果たせる自信あるの?」と。
もしまた挫折したら、おれがあんたを殺すよ」と。

その理由を五十嵐が話します。是非本編を読んでみてください。

そこに綿貫が現れました。

前巻の48巻で鶴田から鍵を渡されたハナを頼む、と言われましたからね。ハナと深見 栄一(ふかみ えいいち)にとっては置いてきぼりを食らわしたはずの綿貫が現れてびっくりですね。

線路脇を歩く内海 敏恵(うつみ としえ)。その顔は腐りかけボロボロと剥がれ落ちていきます。
「サチのほうがもう少し長く持ったわよ?百子」と自分の顔に話しかけます。
ちゃんと自分に「合う」顔ならこの顔にぴったりくっつく、と思い込んでいます。
敏恵が狙う自分に「合う」顔とは高嶋津 絢子でした

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして

美醜の大地

で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

50巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5