美醜の大地

【美醜の大地】 35巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「敏恵の最後」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 35巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地35巻表紙

まんが王国では35巻には第38話が収録されています。

34巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

35巻のネタバレ

内海 敏恵(うつみ としえ)の前にハナが現れました。ハナを見た瞬間、敏恵の脳裏に走馬灯が流れます。
女学校時代にハナをイジメたこと、旅館に小石川 菜穂子(こいしかわ なおこ)が現れた時のこと、そして階段から落ちて顔を潰した時のこと…。

あの日からずっと探していた、とハナに話しかけます。そしてハナに挑発的な発言をします。まだ、私達が怖いんでしょう?と。

敏恵がかなり自己中な発言を連発しています。胸くそ悪くなる内容ですが、是非一度読んでみてください。

ハナは逆に問い返します。そんな姿になって今どんな気持ち?と。

ハナは冷静に敏恵に言い返します。ハナは女学校時代に成績良かっただけあって、論理的ですね。こちらも本編を読んでみて欲しいです。

逆上した敏恵はハナに向かって走り出します。しかし二人の間には川があったのです。敏恵が乗ったことで氷が割れ、冬の川の中へ落ちてしまいました。必死で氷を掴む敏恵。
サチは息子のために、と命乞いをしたけど、あなたはどんな命乞いをするの?と問いかけるハナ。その右手には人の頭ほどの石を抱えて上げています。
そしてその石を敏恵の顔めがけて投げつけました。ゴッ、という鈍い音とともに顔にめり込み、敏恵は水中に没していきました
水中で敏恵は、今まで殺してきた人の亡霊を見ます。カフェのマスター、サチの祖母、サチの隣夫婦。水中でサチの顔が離れていきました。そしてサチの死に顔に導かれるように水底に沈んでいきました。

ハナへの復讐に狂ってしまった敏恵の最後です。長かったですね。ハナに復讐するために全く関係ない人を4人も殺し、さらに女学校時代の友達であるサチも殺し、さらには顔まで剥ぐようになってしまった。結局反省することもないまま死んでしまいましたね。

【低体温症】

本来であれば37℃程度あるはずの深部体温(直腸などの体内の温度)を維持できず、35℃以下になること。

水中では空気中より25倍も早く体温が下がるとされている。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

36巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5