美醜の大地

【美醜の大地】 38巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「池内の変わり身の早さ」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 38巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地38巻表紙

まんが王国では38巻には第41話が収録されています。

37巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

38巻のネタバレ

小倉 百子(おぐら ももこ)をうまく撒いた菊乃(きくの)と深見 栄一(ふかみ えいいち)。
深見からはハナたちの情報をもらう代わりに、百子を消してあげる、という交換条件を提案されます。
しかし菊乃は取引条件としてバランスがおかしい、と警戒します。そして疑問をぶつけます。ハナを利用して何か他の目的を果たそうとしているんじゃないの?と。

深見も簡単に人を殺せてしまうタイプなんでしょうか。まだ誰も殺していないと思いますが…。

探し続けていた杏一郎(きょういちろう)を見失ってしまった小倉 百子(おぐら ももこ)。
旅館に帰ったものの、杏一郎のことが気になってしょうがありません。そんな百子を見て不機嫌そうな池内 辰雄(いけうち たつお)。
もう一度探しに行こうとしますが、池内に邪魔をされて行くことが出来ません。次第に池内のことを邪魔だと感じ始める百子。

しかし池内は百子にアピールします。そんな君を捨てて行方をくらますような男はやめた方が良い。僕なら君を一生大事にするよ、と。
百子は気がある素振りをしながら、心のなかでは敏恵のことを簡単に捨てたくせに、と冷ややかです。

池内の変わり身の早さは笑えますね。菜穂子さんはもういいのでしょうか(笑)?

綿貫が進司を連れてつくし苑まで戻ってきました。進司の帰りを窓からずっと待っていたゆきちゃんが進司を見つけ、走り出てきます。とても心配していたようです。

無事に帰ってこれてよかったですね。心配してくれていて皆がいて、自分の帰る場所がどこかが分かったのではないでしょうか?

高嶋津の屋敷で加也(かや)と執事が話しています。この執事は色々と知っているようで、何か裏がある人物のようです。


瀬尾 サチ(せのお さち)が殺された小屋に立つ森哉(しんや)。まだサチの血痕が大きく残されています。
誰が顔の皮なんて剥がしたの?とつぶやく森哉。そいつは俺も知りたいな、と声がしました。振り返ると、そこにいたのは警察官の柏葉(かしわば)でした。

 

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

39巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5