美醜の大地

【美醜の大地】 22巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「進司の生死」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 22巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地22巻表紙

まんが王国では22巻には第25話が収録されています。

21巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

22巻のネタバレ

21巻の最後で、小倉 百子(おぐら ももこ)がもうすぐ杏一郎(きょういちろう)に逢える、と言っていました。
その数日前の出来事が描かれています。
百子の祖母が電話で綿貫と話しています。百子を陥れた男が見つかったのかどうか確認の電話です。おばあちゃんは興奮状態で、杏一郎が札幌にいる、と大声で叫んでしまいます。
それを耳にした百子。抜け殻のようだった百子に生気が戻ります。衰えた容姿を元に戻し、札幌に杏一郎に会いに行こうと決めます。


廃屋で森哉(しんや)と瀬尾 サチ(せのお さち)が隠れています。サチは泣きながら後悔し続けています。もっと進司と遊んであげたかった。あの時なぜ相原(あいはら)ではなく内海 敏恵(うつみ としえ)を刺さなかったのか?
進司(しんじ)が死んでしまった今、もう遅すぎる、と泣き続けています。
しかしそこに食料などを盗んできた加也(かや)が帰ってきて、サチに新聞を放り投げました。そこには高嶋津邸の火災に犠牲者が無かったことを報じていました。安心したサチ、今度は嬉し泣きです。
そんなサチを眺める森哉。自分たちの母親と違う、とつぶやきます。そんなことはない、と加也が言います。そして森哉を洗脳するある言葉をかけます。妖しい笑みを浮かべる加也。

仲のいいきょうだいかと思いきや、こちらも闇がありそうですね。森哉は純粋に姉である加也を信じ切っているようですが、加也は何か悪巧みをしているような雰囲気です。

進司が生きているかも知れないと分かったサチは屋敷へ戻ってみることにしました。

まだ分かりませんが、進司が生きていたみたいで良かったですね。あの燃え盛る屋敷からどうやって脱出したのか?女中がいたはずなので、誰かが助けてくれたのかも知れないですね。

綿貫が自身が入院していた病院を訪ねます。札幌東警察署の警察官の柏葉(かしわば)からは「あちこち動き回らないでほしい」と釘を刺されています。しかし綿貫は動かないわけには行きません。
退院した日にお見舞いに来た人について看護婦さんに聞いてみます。そしてサチが来ていたことを知ります。柏葉からはサチの話は聞いていません。
悩みながら歩いていると、深見 栄一(ふかみ えいいち)から声を掛けられました。これ以上誰かを巻き込むわけにはいかない、と思いながらも綿貫は深見に相談することにしました。


内田 胤篤(うちだ たねあつ)の病院で入院しているはずの内海 敏恵(うつみ としえ)ですが、菊乃(きくの)が様子を見に行くと、病室にいません。病院内を探すと、例の仮面の部屋にいました。そしてハナの仮面を見られてしまいました。血の気が引く菊乃。

15巻で初めて描写された仮面の部屋ですね。今までに顔を変えた人たちの元々の顔がコレクションしてあります。
そして、とうとうハナの仮面を敏恵に見られてしまいましたね。ここでハナの顔を変えたことがバレてしまいました。

また22巻には、鶴田 眞蔵(つるた しんぞう)と五十嵐(いがらし)の密談の様子も描かれています。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

23巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5