美醜の大地

【美醜の大地】 23巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「ハナの仮面を見つけてしまった敏恵」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 23巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地23巻表紙

まんが王国では23巻には第26話が収録されています。

22巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

23巻のネタバレ

病室で寝ていたはずの内海 敏恵(うつみ としえ)に仮面の部屋に入られてしまい、ハナの仮面を見られてしまいました
菊乃(きくの)は自分たちがハナに関わっていたことを知られたことで、自身たちの危険を感じます。
しかし思いの外敏恵は冷静です。あんたたちのことは恨まない、そんなことより分かったことがある、と言い残し去っていきました。
敏恵の狂気に恐怖を感じ、追いかけることも出来ず、そのまま立ち尽くす菊乃。

もっと怒り狂うのかと思いましたが、何事もなく去っていきましたね。顔を治してくれた恩も感じているようです。「分かったことがある」というのは何でしょうね?

場面は変わり、絢子の屋敷が燃える直前。部屋で毛布にくるまって寝ている進司の姿が。そこに窓が開き、「逃げなさい」というハナ?菜穂子?の姿が。
進司は素直に言うことを聞き、一人で逃げます。そしてしばらく時間が経ち…、お地蔵さんの所で一人泣いていると、鶴田 眞蔵(つるた しんぞう)が探しに来ました
そして鶴田に連れられてきたところは、鶴田御用達の保育園?のつくし苑でした。
その様子を見届けたハナと鶴田。

【保育園(ほいくえん)】

両親が仕事などで子供の世話が出来ない場合に、両親に変わり子供を預かる施設。
同じく子供を預ける施設として、幼稚園があるが、こちらは教育を目的としているところが違う。そのため以下に示すように管轄が異なっている。

幼稚園 保育園
発足 1876年(明治9年) 1890年(明治23年)
管轄 文部科学省 厚生労働省
預かる時間 朝9時ごろから14時ごろまで約4時間 朝7時半ごろから18時ごろまで約8時間
保育料 一律で決まっている 世帯収入に応じて変わる
対象年齢 0歳から小学校入学前 3歳から小学校入学前

進司は生きてましたね。ハナが事前に逃していたんですね。屋敷を爆破する前に、ちゃんと復讐対象以外はいないようにしていたんですね。白川は違うはずですが、こっちは別に死んでも良かったんですかね?(笑)
しかし鶴田はいい人ですね。おそらく身寄りのない子どもたちを連れてきて、保育園?のようなものを作ったんでしょうか?園の管理人?のようなおじいちゃん、おばあちゃんにお金も渡していましたしね。
進司がここにいることをこれからサチに教えるかどうか?ですね。2人を会わせるつもりなら、つくし苑に行かせず、最初から会わせるような気もしますが…。

喫茶店で、綿貫が深見 栄一(ふかみ えいいち)に相談しています。深見の目的としては、ハナにとって危険な人物である内海 敏恵(うつみ としえ)と瀬尾 サチ(せのお さち)の動向や居場所を知ることです。綿貫を襲撃した時に奪った手帳には、そこの情報が書かれていなかったのです。深見は綿貫から聞き出せたのでしょうか?


火事現場には、サチと森哉(しんや)の姿がありました。進司の手がかりがないか探していましたが、森哉が思いがけないいいアドバイスをします。そして正門へ向かう途中、綿貫と深見とばったり会ってしまいます。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

24巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5