美醜の大地

【美醜の大地】 13巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「父自殺後の栄一の過去とは?」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 13巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地13巻表紙

まんが王国では13巻には第16話「栄一の過去」が収録されています。

12巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

13巻のネタバレ

タイトルの通り、この13巻(16話)では深見 栄一(ふかみ えいいち)の過去が描かれています。

町を歩く深見に、売春婦が声を掛けてきます。丁寧に断る深見ですが、本心では、その汚らわしさを嫌悪しています。その嫌悪は自分を捨てた母によるものでした。
深見が母を失い、父をも失って一人になった後、叔父叔母の家に引き取られました。その家の娘の婿としてもらわれたのです。
ある日、夜遅くまで勉強していた深見の部屋へ、その娘が入ってきました。そして深見が嫌う汚らわしいことを要求してきたのです。
強く拒否する深見でしたが、そこに叔母も入ってきて無理やり…。


相原に呼び出された綿貫。話題はデパートでの絢子の事件についてでした。相原はその事件の捜査に加わっていて、例の手鏡と同じ指紋が出た、と言うのです。

カフェのマスターから預かった、菜穂子のものとされる手鏡ですね。

まさか菜穂子さんが犯人なのか!?と慌てた綿貫でしたが、犯人は男と聞いて一安心します。
その指紋も、手紙や手鏡については業務としてではなく自分がプライベートで勝手にやったものなので、上司にも誰にも話していない、とのこと。
その話を聞いて綿貫は、菜穂子がハナと一緒に行動していると確信します。2人はどういう関係なのか?なぜ菜穂子がハナにそこまで手を貸しているのか?疑問がふくらみます。


場所は変わり、ある食堂で綿貫の先輩、五十嵐がご飯を食べ終えメモを書いていると、電話がなりました。それは鶴田 眞蔵(つるた しんぞう)からの電話でした。

イマイチ何をしているのか分からなかった五十嵐でしたが、ここで繋がりが見えましたね。鶴田の情報源だったわけです。五十嵐もまた綿貫と同じく出版社勤務なので、情報を集めるにはもってこいの仕事なんですね。

ハナはデパートでのことで落ち込み、憔悴してしまっていました。自分に覚悟が足りない、絢子を目の前にして恐怖を感じてしまった。
そこに深見が心配して話しかけます。ハナは深見に尋ねます。あなたは怖くないの?と。
少なくとも絢子のことは怖くない。むしろ恐ろしいのは、何も果たせずに終わってしまうことです、と深見は答えます。
身をつまされる思いのハナ。深見は元気づけます。優しい言葉をかけ、ハナに口づけをしようとしました。
そして…。

外に出たハナ。酔っ払いの喧嘩に警察が駆けつけた現場に出くわし、裏道に隠れました。
そこに通りかかったのは綿貫でした。

このときのハナは仮面をかぶっておらず、菜穂子の顔です。なので綿貫が菜穂子だと気づいたわけです。
綿貫としては惚れた相手とは言え、菜穂子はハナの復讐の協力者で、スミ子の事故死やデパートでの絢子事件について関係していると疑っている相手です。そんな人に突然会った綿貫はどういう気持なんでしょうね。

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

14巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5