美醜の大地

【美醜の大地】 41巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「綿貫が仲間入り」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 41巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地41巻表紙

まんが王国では41巻には第44話が収録されています。

40巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

41巻のネタバレ

菜穂子の復讐を止めようとする綿貫 晋平(わたぬき しんぺい)でしたが、そこに鶴田 眞蔵(つるた しんぞう)が現れ、俺の女をどこへ連れて行こうってんだ?と凄んできました。
綿貫はこの男がハナの協力者であることを察します。
危険を感じた菜穂子は綿貫をかばい、暴力を振るわないよう身を挺します。しかし綿貫は今度は男を見せます。邪魔はしない、むしろ協力させてほしい、と伝えます。
驚いた顔を見せる菜穂子。

綿貫は友人である、相原(あいはら)の遺体をバラバラにした男、森哉(しんや)を追い詰めたい。菜穂子の復讐を止めたい、というのが本音ではありますが。

菜穂子は綿貫の協力を受け入れます。

菜穂子はなんで綿貫の協力を受け入れたんですかね?今まで何回も関わるな、といい続けてきたのに。でもその後の菜穂子の沈んだ目が気になりますね。この表情にどんな意味があるんでしょうか?

白川 清二郎(しらかわ せいじろう)と高嶋津 絢子(たかしまづ あやこ)が仮の住まいを離れることになりました。
その姿を影から見つめる五十嵐(いがらし)の姿がありました。

この五十嵐は鶴田の情報源ですので、とうとうハナ側の仲間が絢子の居場所を見つけた、ということですね。絢子の屋敷を爆破炎上させたあと、絢子の行方が分からず次の一手が打てずにいましたが、これでまた絢子ターゲットの計画が進みそうですね。

廃屋では加也(かや)が森哉(しんや)の帰りを待っています。屋敷は休暇をもらっているようです。
そこに森哉が帰ってきました。
サチが死んだことを伝えます。
そして森哉は今まで疑問に思っていたことをぶつけます。
母さんが死んでいたことを気付いてたんじゃないの?と。
母さんは僕らを捨てたわけじゃなかったのに、なんで嘘をついたの?と。

2人のやり取りのあと、森哉は姉の加也と別行動をすることにしました。

サチの息子の進司の一言で今までの疑問を加也にぶつけることが出来ましたね。自分の目で見るまで信じない、と。こんなセリフを言えた進司はすごい強い子ですね。
そして母が死んだことを分かっていて、弟の嘘をついていた姉の本音は理解出来るな、と思いましたね。

廃屋を出た森哉の腹部には銃弾の跡があり、血が流れていました。

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

42巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5