美醜の大地

【美醜の大地】 10巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「敏恵とサチの交渉の行方とは」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 10巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地9巻表紙

まんが王国では10巻には第13話「高嶋津家」が収録されています。

9巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

10巻のネタバレ

ハナと協力者の鶴田 眞蔵(つるた しんぞう)、さらに新たな協力者の深見 栄一(ふかみ えいいち)の3人が拠点に集合しました。
鶴田が知人である愚連隊の人たちに話をつけ、フロア丸ごと貸し切りです。
初対面の鶴田と深見が自己紹介をします。鶴田は深見について事前に調べてありますが一つだけ本人に確認しなければいけないことがありました。
それは「目的」です。それに対して「高嶋津を潰したい」と深見は答えます。
深見の最終目的は高嶋津を潰す、しかし一朝一夕で出来ることではないので、その最初の一手として、高嶋津 絢子を落とす、ところから始めよう、と。
ハナと鶴田は絢子を潰すまでが目的なので、それが終わったら手を引く、ということも深見は了承します。


場所は変わり、北海道小樽市。瀬尾 サチ(さお さち)は絢子の職場を辞めた後旭川を出て、小樽で仕事を見つけ、息子の進司と2人で大変だが、穏やかな暮らしをしていました。
旭川を出たのは、ハナに恐怖を感じているからでした。ハナは殺すのをためらいましたが、また襲ってくるかも知れない、そう考えたのです。

ハナとしてはもうサチに対してさらなる復讐は考えていなそうですけどね。
サチとしては、一度本当に殺されそうになっているので、旭川にそのまま住み続けるのはリスクが高いというのも納得です。
絢子にも、絢子の婚約者の白川にも会いたくないでしょうしね。

そんなある日、敏恵が訪ねてきました。サチはふと気づきます。自分が小樽にいることを敏恵がなぜ知っているのか?
血跡が残る裾を見ながら、敏恵は答えます。あんたのおばあちゃんが素直に教えてくれなくてね、と。

9巻で夜道を血まみれのナイフを片手に歩く敏恵の描写がありましたね。
メモを見て「小樽か…」とつぶやいていました。この時にサチのおばあちゃんに聞きに行っていたんですね。
サチを殺すためにサチを味方に?手駒に?しようとしていたんですね。一人でやりにいくのかと思っていましたが。

そして敏恵は、ハナを殺すのを手伝って、と言ってきました。それに対するサチの答えとは?


また場所は変わり札幌。
絢子と白川がデパートにやってきました。その2人を後ろから尾行するのはハナと深見の2人。ハナが恐ろしい形相で絢子を見ています。

【デパート】

正式にはデパートメントストア。百貨店とも言う。
諸説あるが、日本で最初の百貨店は東京日本橋にある「三越百貨店」とする説がある。1904年(明治37年)のことである。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

11巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5