美醜の大地

【美醜の大地】 16巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「ハナと綿貫の違いとは」

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 16巻の ネタバレ感想です。

美醜の大地16巻表紙

まんが王国では16巻には第19話が収録されています。

15巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

16巻のネタバレ

瀬尾 サチ(せのお さち)は戻ってきたくなかった札幌に戻ってきてしまいました。絢子の屋敷で白川 清二郎(しらかわ せいじろう)から人に言えないことをされていた記憶が蘇ります。
内海 敏恵(うつみ としえ)高嶋津 絢子(たかしまづ あやこ)の屋敷に行くわよ、と言いますがサチは拒否します。サチは綿貫の所へ行くことに。
しかし人質として進司は敏恵と一緒に行くことに。

1巻の4話でサチはドSの白川から拷問部屋で散々いじられていましたね。サチにはM気質は無いはずなので、嫌な恥ずかしい記憶でしか無いのでしょう。ましてや、女学校時代のクラスメートである絢子から3倍の給料をもらってそういうことをしていたので、屈辱も合わさって、ということでしょうか。
でもそんなことで進司と離れるよりは、なんとか抑えて3人で行動したほうが良かったのでは?と思いますね。進司もそのほうが嬉しいでしょうし、逃げるチャンスが見つかる可能性も高くなるでしょうし。

ハナが鶴田 眞蔵(つるた しんぞう)に頼み事を言いに行きました。鶴田は快く頼みを聞き入れます。
ハナが鶴田に依頼したものとは?


進司を連れた敏恵が絢子の屋敷に到着しました。そこに15巻の最後で白川 清二郎(しらかわ せいじろう)から深見 栄一(ふかみ えいいち)を拉致ってくるように依頼された、加也(かや)森哉(しんや)とすれ違います。子供に優しい加也(かや)は進司にキャラメルを上げました。

【キャラメル】

日本初のキャラメルは、森永製菓から1899年(明治32年)に発売された。
しかし、乳製品に対して馴染みがなかった明治時代の民衆にはあまり売れなかった。
そこで日本人の好みに合うようにキャラメルを作り直して、「ミルクキャラメル」が1913年(大正2年)6月10日に発売された。
この6月10日はミルクキャラメルの日となっている。


相原が大塚病院に綿貫をお見舞いに来た時、綿貫はすでに退院した後でした。そこに敏恵と進司と別れて綿貫に会いに来たサチも登場です。
相原から綿貫はもう退院したと聞いたサチ。相原に瀬尾が来た、と伝言を頼みます。瀬尾という名前に聞き覚えがあった相原。
その件を話すと顔色が変わるサチ。逃げるようにその場から立ち去ってしまいました。
怪しむ相原。


退院した綿貫が町を歩いていると、物陰に仮面を付けたハナの姿が。
私や菜穂子に関わり続けると今度は死ぬわよ、と忠告します。綿貫も自分が子供の頃ひどい仕打ちを受けたことを話し、ハナの気持ちも分かる、と言います。
復讐の道を進んではいけない、復讐なんて無意味だ、と。

しかしハナは、自分とあなたは違う、と言います。どう違うのか?本編を確認してください。


16巻最後のシーンは、サチが相原の背中を刃物で刺したシーンで終わっています。

衝撃の展開ですね。敏恵ではなくサチが刺してしまいました。そこに進司は描かれていませんでした。実はそこにいるのか?別のところにいるのか?敏恵が人質にしているので、敏恵と一緒にいるはずなのですが…。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「美醜の大地」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

17巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-美醜の大地
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5