薬屋のひとりごと

【薬屋のひとりごと】登場人物一覧

薬屋のひとりごと 登場人物一覧です。
多少ネタバレも入っていますのでご注意ください。

薬屋のひとりごと1巻表紙

1巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

登場人物一覧

 

猫猫(マオマオ) 本作品の主人公。
薬屋として働いていたが、薬草を取りに出かけた森で人さらいにあってしまい、後宮で働くことになった。
小蘭(シャオラン) 後宮下女
貧しい農村の出身で、親に売られた。
梨花妃(リファ ひ) 男児の宮「東宮」の母
後宮で一番大きな部屋(水晶宮)に住む。
四夫人(正一品)の一つ賢妃。
玉葉妃(ギョクヨウ ひ) 女児の宮「公主」の母
翡翠宮に住む。
四夫人(正一品)の一つ貴妃。
紅娘(ホンニャン) 玉葉妃の侍女の一人。侍女頭。
桜花(インファ) 玉葉妃の侍女の一人。
愛藍(アイラン) 玉葉妃の侍女の一人。
貴園(グイエン) 玉葉妃の侍女の一人。
壬氏(ジンシ) 後宮の宦官
高順(ガオシュン) 壬氏の付き人
芙蓉妃(フヨウ ひ) 武官に下賜される予定の姫
小さな属国の第三公主
里樹妃(リーシュ ひ) 四夫人(正一品)の一つ徳妃。
もともと先帝の妃だったが、先帝が崩御し、現在は現皇帝の妃。
金剛宮に住む。
白鈴(パイリン) 高級妓楼である緑青館の売れっ子妓女、三姫の一人
女華(ジョカ) 高級妓楼である緑青館の売れっ子妓女、三姫の一人
梅梅(メイメイ) 高級妓楼である緑青館の売れっ子妓女、三姫の一人。
三十路前
浩然(コウネン) 豪快で人の良い武人。
酒の飲みすぎで死亡、とされる。
阿多妃(アードゥオ ひ) 四夫人(正一品)の一つ淑妃。
柘榴宮に住む。
風明(フォンミン) 淑妃の侍女頭。
柘榴宮
羅門(ルオメン) 猫猫の養父。
元後宮の宦官。
若い頃西方の国に留学していた
水蓮(スイレン) 壬氏(ジンシ)の侍女。
楼蘭妃(ロウラン ひ) 阿多妃(アードゥオ ひ)が後宮を去った後の後釜。
淑妃。
羅漢(ラカン) 軍師
四十過ぎだた、妻なし。
甥を養子にしている。
碁、将棋、噂話が好きな変人。
猫猫の実の父親。
馬閃(バセン) 若い武官。
鱠事件、彫金細工師事件のときに猫猫と同行。
高順(ガオシュン)の三男。
翠苓(スイレイ) 壬氏(ジンシ)の侍女。
鈴麗(リンリー) 玉葉妃(ギョクヨウ ひ)の娘。
鳳仙(フォンシェン) 緑青館の元妓女。
猫猫の母。
羅漢(ラカン)に捨てられたと思い込み気が狂う。
その後梅毒にかかり、重症化。
子翠(シスイ) 侍女。
猫猫(マオマオ)が子猫を捕まえたときに出会った。
小蘭(シャオラン)とも顔見知り。
静妃(ジンヒ) 中級妃(ちゅうきゅうひ)の中でも上位にいた高官の娘
食あたりで死亡した、とされたが…

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「薬屋のひとりごと」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

1巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

 

-薬屋のひとりごと

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5