瓜を破る

【瓜を破る】 1巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「32歳処女の悩み」

瓜を破る(うりをわる) 1巻の ネタバレ感想です。

瓜を破る1巻表紙

基本情報

著者 板倉 梓(いたくら あずさ)(twitter
掲載雑誌 週刊漫画TIMES、ラバココミックス
発行者 芳文社

あらすじ

瓜を破る(うりをわる) のあらすじです。

生まれて32年間、一度もセックスをしたことがない香坂 まい子(こうさか まいこ)。
それにコンプレックスを感じ、性欲と理性との間でもんもんと悩みながらも、その状況を打破しようと模索する様子を描いた作品です。

【破瓜(はか)】

処女喪失のことを指す。
厳密には性交によって処女膜が破れることを指す。

タイトルの「瓜を破る」はこの破瓜のことでしょうね。この漫画が終わる頃には香坂の破瓜も終わるのでしょうか?

登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

1巻のネタバレ

会社の同僚と3人でランチ中。
塚田 花絵(つかだ はなえ)がキラキラ顔である報告をします。
「3年ぶりに彼氏ができました」と。

一緒にいた染井 菜々(そめい なな)が「てことはヤったの?」とストレートに聞いてきます。

「ソレも恥ずかしながら3年ぶりなんで、ちょっと痛かったけど」とはにかみながら答えます。

「わ、私もしばらくしてないな~。彼氏もしばらくいないし!」と乗っかる香坂 まい子(こうさか まいこ)ですが、実は「しばらく」どころか一度もしたことがないのです。
生まれて32年間、セックスというものを一度もしたことがない。
そしてそれにコンプレックスを感じているのです。

強がっちゃうんですよね…。男も女も同じですね。男は童貞であることを隠すし、女は処女であることを隠す。

そんな香坂ですが、高校1年の時彼氏がいました。
しかしキス以上は怖くて、いつも拒んでいたのです。

まさかアレ依頼16年間、一度もチャンスがないとは思ってもみなかった香坂。
お風呂で一人もんもんと悩みます。


悩む香坂はネットで検索します。

「女性用 性風俗」

思った以上に結構いっぱいあります。
しかし…、

初めて会った人といきなり裸でアレコレするとかハードル高すぎない??無理では??

と思い直し断念。

基本的に男性用風俗も女性用風俗もいわゆる「本番」は禁止されていますので、建前上は女性用風俗に行っても処女を捨てることは出来ません。
が。まぁ建前と実際は違うわけで…。

高校時代の同級生みこっちから連絡がきました。
同窓会をやるとのこと。
ふと、元カレの佐伯(さえき)くんが参加するのか気になりましたが、まだ佐伯は参加マークが付いていませんでした。
とりあえず参加することにした香坂。


同窓会では久々に佐伯と再会出来ました。
左手を確認すると、結婚指輪をしていません。独身なんだ…とちょっとホッとする香坂
高校卒業以来ですが、話しやすく感じます。

お開きは午前2時。
佐伯が「オレ方向同じだし送るよ」と言ってくれました。

車内で2人きりになり、「チャンスかもしれない…」と思いつきます。
自分は東京で佐伯は長野と遠いため、むしろ後腐れがないから、今回だけ、ということならどうか?と。
16年ぶりのチャンス、これを逃したら…、と香坂は覚悟を決めました

勇気を出して佐伯を誘います。
その内容は是非本編を読んでみてくださいm(_ _)m

後腐れがない、というのは大きいですよね。職場の人は近すぎて危険ですからね。
しかも元カレなら一度は好きになった人ですし、自分の心も開きやすいから、相手としては問題無さそうです。

ホテルに入った2人。
緊張する香坂ですが、佐伯の直立した性器を見てさらに緊張が増します。
「ひぇ~、あんなのが入るの??」
そして佐伯が入れようとすると、「痛ぁ!!!」と叫び声を上げる香坂。
「やめよう。…もう勃たないわ…。ごめん。」と佐伯が言います。

あえなく香坂の処女喪失作戦は失敗してしまったのでした

残念。失敗してしまいましたね。
でもとりあえず戦闘態勢のアレを見れたことはとても大きな前進だったのではないでしょうか?そしてアノ痛さも体験でしたわけですし。

と言うかとりあえず突っ込みたいのは、佐伯が結婚していて子供もいる、ってことですね(笑)
おい!みたいな。不倫ってやつですね。


香坂が小学生の頃、妊娠の仕組みを教わって、「大人はみんなあんなことしてるってこと!!?」と驚きましたが、それから20年が経ち32歳になってもまだあの時と同じところにいる、とコンプレックスを感じています。
佐伯とは未遂のままでしたが、あれからますます同僚たちがあんなことをしている姿を具体的に想像してしまうようになりました。

完全に中学生か高校生レベルの妄想ですね。かなり病んでいる状況かと思われます。

そんな時、同僚の原(はら)が飲みに行かないと誘ってきました。
染井は「子供がいるし、今日は無理だなぁ」と断りますが、「二人で行ってお店の雰囲気見てきて!」と言ってくれました。
「せっかくだし行こっか」と原と2人で飲みに行くことになりました。


店に行く途中で、間違いが起きてしまうかも?と妄想してしまいます。
しかし原には彼女がいるはず。
聞くと、「別れたんだ」と言うのです。
なら、間違いが起きても問題ない…と考えてしまう香坂。
考えすぎな自分に嫌気がさします。

「なんで別れちゃったの?」と聞くと、言いにくそうに「原因はセックスレスなんだ」と答えてくれました。
普段聞けない他の人のセックス事情を聞きたい、と続きを促します。

その内容はぜひ本編を読んでみてくださいm(_ _)m

話を聞いて、セックスが出来なくて悶々としていたのに、まさかその逆の悩みがあるってことに心底びっくりしたのでした。

ちょっと前からこの「セックスレス」は問題になってきてますよね。男性はしたいのに、女性はしたくない。またはその逆もありますね。

染井 菜々(そめい なな)の仕事を代わりにやってあげた際、上司からもらったタダ券で動物園に来ました。一緒にいるのは大学で知り合った理乃(りの)。

理乃に相談したところ、理乃は香坂が経験がないことを分かっていました。
そしてそのことと香坂の性格を踏まえ、「誰でもいいからとかやめなよ」とズバリアドバイスをしてくれます。
ギクッとする香坂。
「正直経験だけしてみたい、って思ったりもするよ」と。

「まい子みたいな、人と丁寧に接する情に厚いタイプは、焦らずちゃんと大事にしてくれる人とした方がいい」と的確なアドバイスをくれました。

そしてアドバイスを続けます。
自分を支える柱は3本あって、
①家族や恋人
②仕事
③趣味
ありあまる性欲は趣味で解消するんだ!と自分の趣味に引きずり込もうとします。

理乃はとてもいいアドバイスをしてくれましたね。そして香坂のことをよく分かった上でのアドバイスなんですよね。
とか言う理乃もアバンチュールをしていた、ということですが(笑)理乃は性格的にそれが出来る人だったんですね。結構サバサバしてそうですし。

そのアドバイスを受け、趣味を探す香坂。そして見つけたのが陶芸教室
「筋がいいわねぇ!」と先生からほめられます。合っているようで、ストレスも解消されていきます。

同じ陶芸教室に通っている男性から食事に誘われました。
了承して行ってみると、名前間違えてるし、めっちゃ触ろうとしてくるし、幻滅です。
ただのナンパ師か…。
帰ろうと思いましたが、店を出るとそんなに飲んでいないのに気持ち悪くなってしまいました。
ナンパ師が肩を寄せ「大丈夫?少し休んでいこうよ」と声をかけてきました。
目の前にはラブホが。香坂の心が揺れます。

陶芸教室にもナンパ目的だったんですね。香坂に声を掛けたのも、いつものテクニックだったんでしょう。
「近くにいいお店があるんですよ」と行った店もラブホの近くだったわけで確信犯ですね。
まぁナンパ師なら、名前間違えるとか初歩的ミスだし、スキンシップも最初はほどほどにしないと、ってことで下手くそそうな感じですね。

理乃のアドバイスが脳裏に浮かび、帰らなきゃ、とは思いますが、この先もうチャンスはないかも、とも思います。
この人とセックスしちゃえば、とりあえず処女ではなくなる、と考えた時、首筋にキスをされました。

ゾワッと嫌悪感を感じた香坂。体が無理、って言ってる、と感じました。
腕を掴まれましたが、なんとか振りほどいて逃げることが出来ました。

帰宅して落ち着いて考えてみました。
あの人はたぶん誰でも良くて、いろんな女としたいだけ。
その中の一人になってセックスしたことない劣等感を晴らすことが、私のしたいことなのかな?と考えた時、

違う

と感じました。

私を私としてちゃんと認めてくれる人と、あったかい愛のあるセックスがしたい、ということに気づけたのです。


香坂の職場の先輩である味園 みゆき(みその みゆき)。
仕事に厳しい人なのだが、
原の予想では「処女」ではないか、他人に心身を開いたことがないゆえのガードの固さが逆に人当たりのキツさにつながっているのではないか、と想像していました。

しかし味園には彼氏がいるのです。
仕事が終わり、帰宅すると、彼氏が「飯にしよ、腹へった~」とパッタイを作ってくれました。
その気になりさえすれば、いつでも結婚できる、と味園は思っています。

食事中、彼氏がタイに本場のパッタイ食べに行かない?と切り出します。
仕事が忙しい味園は断ります。
「そもそも私がこんなに仕事してんのは二人の将来を見据えてのことだよ!?
真(まこと)の年収は私の半分くらいなんだし、私ががんばんなきゃじゃん!」と怒鳴りつけます。

「わかった、ごめんね」とにこやかに返す真。

言い過ぎたと思った味園ですが、真が言い返してこなかったことにホッとします。


職場に辻という女性が戻ってきました。
以前働いていた人で、寿退社したのだそうです。
「息子がね~、第一志望の私立中学に入ったから、そろそろ外の空気吸うのもいいかなって職場復帰したの♡」とかなり空気が読めない女性のようです。
フロアの社員に挨拶まわりをし、最後に味園のところにも来ました。
「みゆきちゃん、久しぶり~元気?」と。
味園はそっけない態度を取ります。
この辻という女性と味園はその当時めちゃくちゃ仲が悪かったそうです。

味園は帰宅時も辻のことでイライラしっぱなし。
「入社してたった4年で結婚して主婦になるって辞めといて、よくもまぁのこのこと帰ってきたな。」と。

私は結婚したって働くから!!

と思いながら帰宅すると、家にいるはずの真がいません。
さらには真の部屋の机も荷物の無かったのです

「…へ?」と戸惑う味園でした。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「瓜を破る」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

2巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

 

-瓜を破る
-, ,

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5