薬屋のひとりごと

【薬屋のひとりごと】 5巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「フグ毒での殺人事件」

薬屋のひとりごと 5巻の ネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと5巻表紙

4巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

掲載話 一覧

第二十二話 外廷勤務
第二十三話 後宮教室
第二十四話 煙管
第二十五話 なます
第二十六話

5巻のネタバレ

4巻で園遊会の毒殺事件の犯人が判明し、
そのとばっちりで後宮の宮女をクビになった猫猫(マオマオ)。
しかし、ひょんなことから今度は壬氏(ジンシ)に
雇われることになりました。今度の職場は外廷です。
仕事内容は後宮の下女と同じく、掃除がメイン。

暇な時には外廷内を散歩します。
高順(ガオシュン)から、あまり近づかないように
と言われた東側の軍部の近くをうろついていると、
壬氏の官女の一人から注意されてしまいました。


阿多妃(アードゥオ ひ)が後宮を去った後、
その後釜として新しい淑妃が来ます。
そこで妃教育の講師として猫猫が任命されました。

参加者は四夫人とその侍女。

貴妃(きひ) 玉葉妃(ギョクヨウ ひ)
賢妃(けんひ) 梨花妃(リーファ ひ)
徳妃(とくひ) 里樹妃(リーシュ ひ)
淑妃(しゅくひ) 楼蘭妃(ロウラン ひ)

講義の内容は詳しくは描画されていませんが、
かなり過激な内容のようですね(笑)


壬氏と皇帝が2人で酒を酌み交わしています。
そんなことが出来るのはかなりの地位の人でないと出来ない
のではないでしょうか?
もしかしたら壬氏は皇帝の息子なのかも?
後宮で宦官として働いていますが、実際は宮刑を
受けていないのかも知れません。
もし壬氏が妃に手を出して子供が出来ても、
皇帝の息子なら、同じ血族になりますし…。
壬氏の正体はまだまだ分からないですね。

【皇帝】

皇帝という称号を初めて使ったのは、キングダムでも出てくる秦の嬴政(えいせい)である。
嬴政が皇帝を名乗るまでは、王、皇、帝などがあったが、
嬴政は自分がそれまでの皇、帝(三皇五帝(さんこうごてい)という)よりも尊く偉いと考え、
皇と帝を合わせた「皇帝」という称号を作った、と言われている。

三皇は伝説上の神で、実在の人物ではない。
三皇が何を指すかは諸説ある。

三皇:天皇(てんこう)、地皇(ちこう)、泰皇(たいこう)
他にも、伏羲(ふっき)、神農(しんのう)、女媧 (じょか)とする説もある。
封神演義というマンガでも描かれていますね。

五帝も同様に諸説ある。
上記の伏羲(ふっき)、神農(しんのう)がカウントされることもある。


ある日、外廷を歩いていると李白を見かけます。
ある倉庫で原因不明の小火があったみたいです。
制止する李白を適当にあしらいつつ、現場を確認します。
・爆発
・食料庫
・落ちた煙管
から導き出した猫猫の推理とは?


今度は高順(ガオシュン)から相談がありました。
フグの鱠(なます)を食べた官僚が昏睡状態に陥ってしまった
とのこと。しかし、料理人はフグは使っていない、と
言っているので、原因が分からないようです。

猫猫は問題が起きた家の台所に調査に行きます。
そこで見つけたものとは?

猫猫の活躍でこの事件も解決です。

【フグの毒】

フグの毒は「テトロドトキシン」である。
フグ科を意味する「tetraodontidae」と毒を意味する「toxin」の合成語である。

毒量を表す単位を「マウスユニット」といい、
体重20グラムのマウスが30分で死ぬ毒の量を1マウスユニットとする。
人が死亡する毒量は10000マウスユニット。

フグの種類によって毒のある部位は違い、
季節等によっても毒性の強弱が違う。

またフグは生まれた時点では毒を持っておらず、
餌を摂取していく中で後天的に体内に蓄積されるものである。


次なる依頼主は羅漢(ラカン)という、変人と有名な軍師。
秘伝の技術を息子たちにも伝えることなく彫金細工師が
死んでしまったので、その秘伝の技術を調べてほしい、
とのことでした。

息子は3人いるが、後継者を指名もせず、技術も伝えずに
他界してしまったが、3人それぞれに形見と遺言を
残していったらしい。

長男には、小屋。
次男には、箪笥(たんす)と開かない鍵。
三男には、ガラスでできた金魚鉢。

遺言として「皆 昔のように茶会でもするといい」

現場に行き状況を確認します。
今回もまた見事に解決します。

三男だけが死んだ職人の意図を理解できたみたいです。
その後、三男が宮廷御用達になるのでは、と言われています。


 

この巻では、巻末のおまけマンガがありませんが、
表紙表に4コマ漫画があります。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「薬屋のひとりごと」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

6巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

 

-薬屋のひとりごと

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5