薬屋のひとりごと

【薬屋のひとりごと】 2巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「園遊会での毒味で…」

薬屋のひとりごと 2巻の ネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと2巻表紙

1巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

掲載話 一覧

第五話 看病
第六話 園遊会(その①)
第七話 園遊会(その②)
第八話 園遊会(その③)

2巻のネタバレ

皇帝が玉葉妃(ギョクヨウ ひ)の元へ訪れたときのこと、
皇帝から直接猫猫に梨花妃(リファ ひ)の容態が悪いから
見てくれ( = 治せ)と直接言葉をかけられました。

断れるわけもなく、受ける猫猫。


水晶宮に住む梨花妃を看るにあたり、まず食生活の改善を行おうとします。
体に溜まった毒を排出しなければなりません。
しかし、梨花妃の侍女から嫌がらせを受けますが、
打たれ強い猫猫は動じません(笑)

どうするか悩んでいたところ、壬氏のサポートがあり、
直接梨花妃の容態を看ることが出来ました。
そこで気づきます。
禁止したはずの高級白粉をまだ使っていたのです!

梨花妃に高級白粉で化粧をし続けていた侍女に対して
猫猫がブチ切れ、折檻します。必見です(笑)

そんな猫猫にビビったのか、梨花妃の侍女たちも言うことを
聞いてくれるようになりました。
病人が食べやすい料理に変更し、体を拭き、
体の毒を排出させるため、茶を飲ませ続けます。


その後散歩できるまで回復した梨花妃。
皇帝が部屋に来てくれなくなったことを心配し、猫猫に相談します。
そこで猫猫は遊郭の人達に聞いた秘術を伝えます。
巨乳持ちの人にしか出来ない秘術っぽいです。
…なんでしょうね?
亀仙人が大好きなぱふぱふ系ですかね(笑)


園遊会が行われることになり、正一品の一つ「貴妃」である
玉葉妃も出席することに。当然玉葉妃の侍女である猫猫も出席することに
なりました。

【正一品】

唐の時代での、後宮の役職一覧は以下のようになっています。
必ずしも正確ではありませんのであしからず…。

内官(ないかん) 四夫人(正一品) 貴妃
淑妃
徳妃
賢妃
九嬪(きゅうひん)(正二品) 昭儀、昭容、昭媛、修儀、修容、修媛、充儀、充容、充媛
二十七世婦(にじゅうななせいふ) 婕妤(しょうよ)(正三品)
美人(正四品)
才人(正五品)
八十一御妻 宝林(ほうりん)(正六品)
御女(ぎょじょ)(正七品)
采女(さいじょ)(正八品)
宮官(きゅうかん) 六局 尚宮(総務的な仕事)
尚儀(礼楽に携わる)
尚服(衣服に携わる)
尚寝(居住空間に携わる)
尚功(工芸に携わる)
内侍省 (省略) (省略)

園遊会の前後で、猫猫はかんざしなど装飾品をいろいろもらいます。

  1. 玉葉妃から首飾り
  2. 壬氏から男物の簪(かんざし)
  3. 李白という武官から簪(かんざし)
  4. 梨花妃から紅水晶(べにすいしょう)の簪(かんざし)

この装飾品をもらう、ということには深い意味があるらしく、
他の侍女たちは大騒ぎをしていますが、猫猫は興味なしの様子。

簪や櫛(くし)を男性から女性にあげる、というのは中国や日本では
求婚を意味していた時代があります。
現代で言うと、婚約指輪のようなものですかね。

ただ、李白は他の人にも義理チョコのように配っているので
そこまで深い意味はないのかも知れません。
李白は軽そうですが、壬氏は猫猫に気がありそうですね。

また、女性である玉葉妃や梨花妃からも猫猫にあげていますが、
これはまた別の意味がありそうです。
転職でのオファーみたいなものでしょうか?

3巻では小蘭(シャオラン)から詳しい説明が描かれています。

猫猫は園遊会でも毒味の役です。
玉葉妃のスープを毒味すると…それは毒が含まれていました

すぐに毒を吐き出したものの、本当は毒を飲みたかった猫猫。
イカれてますね(笑)

毒が入っていたのは玉葉妃のスープだけでしたが、
誰かが玉葉妃と里樹妃(リーシュ ひ)の器を入れ替えた可能性があり、
本当に狙われたのは里樹妃だったかも!?
というところで3巻に続きます。

また巻末におまけマンガもあります。
・「お人良し」
・「おそろい」
表紙 表の4コマ漫画もどうぞ。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「薬屋のひとりごと」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

3巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

 

-薬屋のひとりごと

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5