怪獣8号

【怪獣8号】 2巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「日比野カフカは不合格」

怪獣8号 2巻の ネタバレ感想です。

怪獣8号2巻表紙

1巻はこちらからどうぞ。
登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

掲載話 一覧

 

第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話

2巻のネタバレ

第8話

四ノ宮キコルの前で怪獣に変身した日比野 カフカ(ひびの かふか)。

「何それ…!?あんた怪獣だったの…!?」と驚く四ノ宮に

「お願いお願いどうかこのことは防衛隊には内緒でお願いしますー!!」と頼み込むカフカ。

怪獣になったカフカですが、本部の管制室でも補足しました。
カフカであることは分かっていないようですが、怪獣の強さを示すフォルティチュードは9.8!

防衛隊第3部隊の副隊長である保科 宗四郎(ほしな そうしろう)も信じられず、計測器こ故障だろう、と判断します。

「そんな数値が本当だったら、歴史に残る大怪獣やぞ」と。

そしてカフカ vs 復活した本獣のバトル!
その様子はぜひ本編を読んでみて下さいm(_ _)m

[st-kaiwa1r]カフカめっちゃ強いです!体の各部がちょいちょい変化してそこもまた男の子ウケしそうなカッコよさです。[/st-kaiwa1]

その後、防衛隊第3部隊の隊長である亜白 ミナ(あしろ みな)、副隊長の保科が現着します。

第9話

倒された本獣を見て

「どんな倒し方したらこんな風に…」と保科が驚きます。

そして受験生たちもすべて無事避難が済み、一段落です。


この事件がニュースになりましたが、死者は出なかった、という報道を聞き、四ノ宮キコルに傷を負わせた人型の怪獣が驚きの声を上げました。

「いやいやいやあの状況で0ってある?」

そこに怪獣が持つケータイが鳴りました。
「えーっとデンワに出るのはこうだったよな」
となれない手付きで電話に出た怪獣。

この怪獣は怪獣専門清掃業者、モンスタースイーパー(株)に人間に扮して潜り込んでいたのです

第10話

カフカと市川 レノ(いちかわ れの)の元に、防衛隊の入隊試験の結果が届きました

そして入隊式。
合格者代表主席は四ノ宮キコル。

日比野カフカは不合格
体力試験最低ランク、スーツ適正現状0では仕方がないとの判断だったようです。

しかし保科副隊長がある提案をします。
その提案とは…?

第11話

入隊から2ヶ月。
各訓練をこなしていきます。
入隊試験時は解放戦力8%だった市川でしたが、18%にまで上昇。
古橋 伊春(ふるはし いはる)も20%、四ノ宮キコルに至っては46%→55%と上昇しました。

そんな中カフカは0%→1%へ!

第12話

相模原に怪獣が現れました!
初任務の開始です

時刻0400(マルヨンマルマル)相模原討伐作戦開始。

本獣は亜白隊長が担当。
初任務のカフカたちの仕事は、討伐区域から余獣を出すことなく処理すること。

「訓練場でいくらいい成績を出しても命は一つも救われない。
戦場で力を示してみせろヒヨコども」とはっぱをかける保科副隊長。

第13話

各小隊に所属する新人たち。
しかし先輩たちの心配をよそに大活躍です。

市川も一人で怪獣を倒しました。
一緒に回っていた古橋 伊春(ふるはし いはる)も驚いてしまいます。
ある武器に変えたところ性に合っているようです。

次々爆破報告があがるなか、カフカは足手まといになってしまっています。

「なんか俺にできることはねーのか…」と考えたカフカ。
あることを思いつきます。

「お手柄や」保科副隊長にも褒められました!

第14話

そして本獣の元にたどり着いた亜白隊長。
その恐るべき戦闘力が発揮されます。
その解放戦力は96%!

現場で亜白隊長の攻撃を直接見たカフカ。
「あいつやっぱとんでもねぇ!!」と武者震いがします。

本獣を倒しましたが、これで終わりではありません。
むしろこれからが本番。

本獣の死骸に残った余獣が溢れ出します!


市川と古橋が戦線に戻ろうとしたとき、仕留めた怪獣のそばに人がいることに気づきました。

「あー、こいつもだ。仕込んだ増殖器官が破壊されてる。
なんでバレちゃったのかなぁ?隊員の中に怪獣に詳しい人がいるのかな…」

と呟いています。

「ここはまだ危ねぇから、指示があるまで待機してな…」と古橋が声をかけると、いきなり攻撃してきました。

「避けてイハルくん!!」市川が叫びます!

その人間は姿を変え、試験会場に現れた人型怪獣になったのです!

「このまま退くのもなんだし、せめて隊員の生きたサンプルでも持って帰るかぁ」
危険を感じる二人。

小隊長に連絡しようとしますが…。

四ノ宮でさえ勝てなかった相手に市川がふんばります。

第15話

古橋を逃がそうとしていた市川でしたが、
「無駄だよ。物も生き物もボクの許可なしには外にデられない」

二人でボロボロになりながらも応戦します。

第16話

もはや立てないほどのダメージを負ってしまった市川。
完全に無防備で敵の攻撃を受け続けます。

古橋の武器も壊れてしまい撃つことも出来ません。
戦意すら失ってしまった古橋。

「死ぬのはてめぇだクソヤロー」
絶体絶命のピンチにカフカが怪獣の姿で登場しました!

「ああ…俺は弱いな…。
結局またこの人に変身させてしまった」市川が後悔を感じます。

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「怪獣8号」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

3巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

 

-怪獣8号
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5