ファザーシッター

【ファザーシッター】 1巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「ワンオペ育児に悩む全ての人へ」

ファザーシッター 1巻の ネタバレ感想です。

ファザーシッター1巻表紙

あらすじ

「ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~」のあらすじです。

お互いゲームが趣味で知り合い、出会って2年で結婚した鷹史(たかし)と春美(はるみ)。
一人娘の美由(みゆ)が生まれ、幸せな家庭を築いているかと思いきや、春美は家事と育児で疲れ果てています。

というのも夫の鷹史は子供が生まれてもスマホゲームに夢中
美由のことは大好きですが、育児自体は興味ナシ。家事も当然手伝いもしません

そんな春美が友達から「伝説のベビーシッター」の話を聞かされます。
鷹史に相談もせず、衝動的に予約を入れてしまった春美。

そして現れた伝説のベビーシッターは無表情で人形を通じて話し出す変な男性でした。
しかし、美由の面倒だけでなく、家事も完璧。
さらには鷹史を父親として再教育してくれる、というストーリーです。

ワンオペ育児に悩むお母さんに是非読んでみて欲しいです。
お父さんも読んで自身を振り返るきっかけになればいいな、と思います。

現在も連載中です。

 

基本情報

著者 メカわんこ
掲載雑誌 コミックなにとぞ
発行者 DPNブックス

1巻のネタバレ

生後八ヶ月の一人娘、美由(みゆ)の泣き声で目を覚ました母の春美(はるみ)。
時間はすでに6時25分。美由を抱きかかえると、美由はうんちをもらしていて、春美の洋服までべっちょり。

夫の鷹史に起きて手伝ってほしい、と頼みましたが、「あんま寝れてないし無理ぃ…」と断られます。
しかし寝れていない理由は分かっています。スマホゲームです
ため息が出てしまう春美。

せめて頼んだことぐらいはやってほしいですよね。夜遅くまでスマホゲームやってて寝不足とか父親としての自覚がなさすぎです。

美由の服を洗っていると、ふと何か大事なことを忘れていることに気づきます。
…洗濯機を回したまま干すのを忘れていたのです。洗い直しです。

美由の楽しそうな声が聞こえて行ってみると、ティッシュ箱からティッシュを抜きまくっていました。
楽しそうではありますが、後片付けが大変です。

そして朝食を作ろうとしましたが、シンクには昨日洗わずに放置してしまったお皿が…。
これを片付けないと、朝食も作れません。
急いでお皿を洗っていると、手が滑ってお皿を割ってしまいました。

割れた皿を沈んだ目で見つめる春美。
鷹史とは職場が一緒で、お互い趣味のゲームで知り合い、2年で結婚。
美由が生まれて幸せな家庭を築けるはずが、ここまで育児が大変だとは思ってもなかった…。

ようやく起きてきた鷹史。
「なんかすごい音してたけど、何やってたの?」と。
聞こえてたなら来てくれればいいのに。。。と思う春美。

「てか、なんか春美、顔色悪くない?移さないでよー?こっちは仕事あるんだから」と心配してくれるかと思いきや、ぞんざいな扱いをしてくる鷹史にため息がでます。
ただ美由のことは好きでかわいがってはくれます。

完全にダメ夫ですね。心配すらしてくれない。

朝ごはんの準備をする春美でしたが、ここでも鷹史の空気を読めない自己中発言が飛び出します。イラっとするのでここでは省略しますが、是非本編を読んでみてくださいm(_ _)m
さらには頼んだ美由の面倒も見ない、土曜日にゲームのイベントを優先。ダメな父親です。

春美が熱を測ると、37.8℃。最近ちゃんと寝れてなかったからなぁ…と思っていると、友達のなおちゃんから電話がかかってきました。
泣きながらなおちゃんに相談すると、「伝説のベビーシッターって知ってる?」と。

調べてみると、都合よく明日の予約が空いています。ぼーっとしながら、勢いで予約を入れてしまいました。


翌日、伝説のベビーシッターが来ました。両手に人形を持っています
「こんにちは!ぼくはトマト!」と左手のトマトの人形がしゃべります。
「ボクは卵焼き♪」と卵焼きの人形もしゃべります。
「こっちはベビーシッターの柏木 陽向(かしわびひなた)君だよぉ!」とトマトと卵焼きの人形が紹介してくれました。
その間ずっと柏木は無表情です。

変な人が来てしまいました(笑)最初の挨拶も人形を通じて話してきました。せめてにこやかな表情をしてくれれば、と思いますが、全くの無表情ですからね(笑)

固まる鷹史と春美。

鷹史はベビーシッターを頼んだことすら知りません。
「何勝手に頼んでんの!?相談ぐらいしろよ…」とヒソヒソと夫婦喧嘩が始まりました。

そこに「えっ!?ままお熱あるの?」とトマト人形が割り込み、春美をベッドに追いやります。

柏木と2人きりになってしまった鷹史。大丈夫なのか…?とじろじろ柏木を見ます。
そんな時、美由が泣き始めてしまいました。柏木のトマト人形が、「うんちかな?パパー!おむつの替えどこぉー?」と鷹史に聞きます。

慌てておむつを探す鷹史。しかし見つかりません。わたわたしていると、先に柏木がおむつを見つけました。
「パパもしかしておむつ替えたことないの?」と柏木が聞きます。

図星を突かれたような鷹史。「俺は他のことで忙しいんだ」と逃げるように洗濯機へ。
しかし使い方も分からず、春美を呼ぼうとします。
柏木の卵焼き人形が「ママは今お休み中なんだから大声出しちゃだめだよ!」と注意します。
鷹史がカチンときます。「親にまで人形で話すとか馬鹿にしてるのか!?」と怒鳴りながら、柏木の卵焼き人形を叩き落とします。

柏木は平然と卵焼き人形を拾い、変わらず人形で話し始めました。
「だってパパ、何もわからないんだよね? おむつの場所も、洗濯機の動かし方も、ママがお熱を出していることも」
「どうしてママがボクたちに助けを求めてきたのか、わかってないんだね…」と。

そこまで言われても、鷹史にはピンときません。
「…はぁ…? 助け…?」

ため息をつく柏木。今度は人形ではなく自身の言葉で
あんたって… 家のことなーんも見てないんだな」と冷たく言い放ちます。
ビビって何も言えなくなる鷹史。

そこに、春美がメモを書いて渡しに来てくれました。
「ありがとう!またちゃんと寝ていてね ママ!」と春美を寝かせる柏木の卵焼き人形。

その後鷹史が掃除機をかけ、洗濯物を干し、お米を研ぎます。
しかしイライラし始め、「ダルいわぁー。これじゃ休日も仕事状態じゃねーか。やってられねーわ」とスマホをいじりはじめます。

柏木にスマホをいじっているところを見られた鷹史は慌てて
「金払ってるし、あんたがやればいいだろ!?」
と言い訳します。

その大変疲れるダルい作業を毎日毎日お母さんがやってるんです」と諭すように話す柏木。
鷹史がぐぅの音も出ないほど理路整然と話します。こちらの内容は是非本編で確認してみてくださいねm(_ _)m

【専業主婦の年収】

家事育児をしているだけでは、サラリーマンのように収入が入ってくることはない。
しかし、家事育児を貨幣評価する方法がいくつかある。

機会雇用法(OC法) 家事に当てていた時間を、外での労働に置き換えたらいくらになるか、という方法。

1日の家事に当てていた時間を7時間と想定。
1ヶ月休みなく30日家事を行ったとする。
35歳女性の平均時給を約1500円とする。

1ヶ月の給料 = 7時間 × 1500円 × 30日 = 31万5千円

年収に換算すると、378万円になる。

代替費用法(RC-S/RC-G法) 家事の内容ごとに外部のサービスを利用したさいの費用に当てはめるといくらになるか、という方法

言い返すこともできず、鷹史は「雇い主に説教してんじゃねーよ!出かけるからあとやっとけよ!?」と捨て台詞を吐き、出ていってしまいました

金払ってるほうが偉いと勘違いしているヤツですね。店員さんに尊大な態度を取るタイプの人間です。
お金を払っている方は、やってもらっている、売ってもらっている、と考えるようにしてもらいたいですね。

いっぱい寝てスッキリした目覚めの春美。シッターさんにお願いした時間を過ぎてしまっています。
あわてて起きると、シッターの柏木はもうすでにおらず、ゲームのイベントに行っているはずの鷹史が美由をあやしていました。

「あれ…、打ち上げは?」と聞くと
「やめたよー。…だってママは体調悪いんでしょ?仕方ないじゃん?」と。

休みなのに、全然休めなかったわー。もうベビーシッターなんて呼ぶなよ、金の無駄」と言い捨てます。
もやもやする春美でしたが、少しは大変さわかってくれたかなぁ?と考えます。

その夜、美由を寝かしつけ、春美も寝たあと、「今日は家事もしっかりやったし、俺っていい旦那ー♪そんな俺にはご褒美ご褒美」と1万円の限定ガチャを購入してしまいました

まだ何も分かってないみたいですね。1日ちょっとやっただけで自己満足。
しかもこれだけで自分へのご褒美をやっちゃう人は自分に甘すぎですし、多分お金も貯められない人ですね。

 

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「ファザーシッター」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

2巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

-ファザーシッター
-

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5