悪魔だった君たちへ

【悪魔だった君たちへ】 1巻 安くお得に読む方法 ネタバレ 感想 「第1の復讐の始まり」

悪魔だった君たちへ 1巻の ネタバレ感想です。

悪魔だった君たちへ1巻表紙

基本情報

著者 中津 功介(なかつ こうすけ)
古場 みすみ(こば みすみ)
掲載雑誌 Mosh!
発行者 コミディア

あらすじ

高校時代の仲良し6人組。
花奈(かな)、美穂(みほ)、信(まこと)、雄介(ゆうすけ)、俊夫(としお)、倫太郎(りんたろう)。
この6人はあるクラスメートに凄惨なイジメを行っていました

社会人になり、婚約した美穂と信。
しかし信に知らないアカウントから、美穂の隠された裏の情報が送られてきて…。
逆に美穂にも信の裏の情報が送られてきました。
疑心暗鬼になる2人。

そして2人の結婚式で復讐が行われてしまいました。
招待客の前で暴露されてしまった2人の悪事。

さらには俊夫も…。

次々と行われていく復讐。

その犯人とは!?


登場人物一覧はこちらからどうぞ。

 

1巻のネタバレ

高校時代の写真を見る入れ墨をした裸の男性
写真には仲良し6人組の男女が映っていす。

ファッション誌人気モデルの桜川 花奈(かな)。
社長令嬢の西連寺 美穂(みほ)。
西連寺 美穂と結婚する予定の田上 信(たがみ まこと)。
弁護士の久原 雄介(ゆうすけ)。
証券会社勤務の横峰 俊夫(としお)。
そして浅井 倫太郎(あさい りんたろう)。

しかしこの裸の男性にとっては、この6人は悪魔に勝る存在でした
そしてこの男性の隣には、同じく裸の男性がいます。
この男性こそが先程の写真に写っていた浅井 倫太郎でした。

口にはテープが貼られ、手足は縛られています。
どうやらこの裸の男性に監禁されているようです。

高校時代に倫太郎が撮った動画を2人で一緒に見ます。
その動画では、この6人がいじめを行っている場面が映されていました。
捕まえた虫を食べさせているようです。

「君らのおかげで虫が好物になったんだぁ」と言う裸の男性。
口のテープを剥がされた男性が怯えながら助けを求めます。

「な…なぁお前…幸太だろ。わ…悪かったよ!」

そんな倫太郎に裸の男性は「食べてみなよぉ…。おいしいからさぁ」と虫を食べさせようとします

イナゴの佃煮とかはカニの味がする、って言いますからね。
でもこの男性が食べてるのは、生きてるんですよね…。
カサカサいってますからね。
寄生虫がいる可能性もありますし、加熱はしたほうがいいかと。

【昆虫食(こんちゅうしょく)】

その名の通り、昆虫を食べることである。
日本でも「蜂の子」や「ざざむし」、「イナゴの佃煮」など伝統的に食べられている。

栄養価も高く、生産時の環境負荷が小さいなどメリットも多く、世界の注目を集めている。


美穂がシャワーをあびているところに信が入ってきて後ろから抱きつきます。
そしてそのままベッドへ…。4ページにわたるエッチシーン。


出社する信。会社でもやり手のようです。
仕事ができず部長に怒られている宮本のフォローもやります。

優しさからではなく、女性社員の目を気にしてやっているようです。
ゲスですね。

信のケータイに知らないアカウントから動画が送られてきました。
高校時代の6人の動画です。
しかしそこには「悪魔共め、地獄の業火に焼かれろ」と書いてあったのです。

そして画面が変わり、「西連寺 美穂 の真実を知りたければ ここをタップ」と書いてあります。
タップしてみると、そこには信じられないようなものが映っていました

帰宅後、美穂を問い詰める信。
しかし美穂には逆に信の隠された情報が届いていました。

お互いに言い合う2人。
激高した信はやってはいけないことをやってしまいました。


会社に行くと、何やらザワザワしています。
複数の社員の裏の情報を暴露した写真が宮本のパソコンに表示されていたのです。
部長と女性社員の不倫画像や取引先とのエロ接待の様子、人事課長のSM画像などなど。

その宮本の机の上には、退職願が置かれていました。

 

お得に読む方法

「まんが王国」というマンガサイトが一番お得になるので、おすすめです。

「まんが王国」のトップページに「おみフリ」という1日2回引けるおみくじがあります。

まんが王国トップページのおみフリ

ほぼ必ず大吉の30%割引クーポンが出ます(笑)というか大吉以外見たことないです。
このクーポンは1冊分でしか使えないので、まとめ買いには不向きですが、
1日2冊30%引きになるならお得ではないでしょうか?

まずはおみフリをやってみてください。
そして「悪魔だった君たちへ」で検索すると、試し読みをすることが出来ます。

2巻のネタバレ感想はこちらからどうぞ。

 

 

-悪魔だった君たちへ
-, ,

© 2022 マンガは雑学の宝庫 Powered by AFFINGER5